Button History

20th Century

20世紀のボタン──プラスティックボタンの世紀

セルロイド

1870年代にビリアードの玉の象牙の代替材料として登場したセルロイドは、完全な合成物質ではなく、 熱に弱いという欠点もあったが、色だしが容易で、メタルからガラス、自然素材の皮革やウッド、べっ甲まで様々な素材の模倣が容易であり、1940年代位までかなり長期にわたって使用された。ボタンやアクセサリーには、ステンシルや転写の技術などの工夫がこらされ、その意匠にはアールヌーボからアールデコまでの時代の流行がよく反映されている。

>セルロイドのボタンについて

Button Photo

Next Page

  • [1]
  • [2]
  • [3]
  • [4]
  • [5]
  • [6]
  • [7]
  • [8]
  • [9]

English