What are Buttons ?

ボタンへのアプローチ方法

歴史、素材、用途、モティーフ、サイズなどから可能である。

1)歴史

過去(手工芸品)/現在(工場生産品)/未来(ノスタルジックな遺物?)

2)素材

天然素材:ホーン、ボーン、皮革、ウッド、竹、ラフィア、ストロー、ナッツ(コロゾ)、コルク、シェル(蝶貝mother-of-pearl、高瀬貝trocas、さざえturban、あわびabalone、夜光貝green shell)、べっ甲、真珠、珊瑚、貴石・半貴石、など

人造素材:ガラス、セラミック、エナメル、布/飾り紐(ビーズやスパンコールや各種刺繍のテクニックとともに)、メタル(ゴールド、シルバー、コッパー、ピューター、ブラス、ステイール、アルミニウム)ゴムや紙など

半合成素材:セルロイド、ガラリス(ミルクカゼイン)など

合成素材:ベークライト(フェノール系)/ルーサイト(アクリル系)/ナイロン/ポリエステル/アセチ樹脂/ユリア樹脂/エポキシ樹脂/ABS樹脂 など

Button Photo

Next Page

  • [1]
  • [2]
  • [3]
  • [4]

English