N.A. Inlay and Pique 2-1

アメリカのコレクター/ディラーの分類によるインレイやピクエのカード。ホーン素材にほどこされているボタンが多い。1800年代から1900年代はじめ、フランスやアメリカ。

ピクウェとは、近世ヨーロッパ19世紀のはじめころから広まった象嵌(は漆が多い)の技法であり、主にメタルへ施されたが、このようにホーンやホーフ(蹄)にもかなり使用された。一般的にはこの技術をインレイと呼ぶことが多いようである。

基本的には、粉砕して柔らかくしたホーンなどを成形し、染色し直したり、虹色のシェルやガラスなどの輝きのある素材を施す加飾技法である。サインやシンボルなども表せるのでユニフォームなどにも用いられた。

前の記事

N.A. Inlay and Pique 2-2

次の記事

N.A. Inlay and Pique 1